昔(先祖)から 〜 我が家に伝わるもの 〜 そして、これからも伝えていきたい・・・
「黒川金右衛門の資料館」

 






 「六曲一双 屏風絵」 1

 左の写真の屏風は、江戸時代
の書家「森五石」が書いた山水画
です。
 森五石は、日田画壇の基礎を
開いたと云われています。
長男、森春樹は、有名な書家
田能村竹田の兄弟子にあたる
書家だったと云われます。
 我が家の先祖(黒川金右衛門)
が、親交のあった森 伊左衛門家
より絵を購入、表装して【屏風絵
(びょうぶえ)
】楽しんだものです。

「六曲一双 屏風絵」 2

*森 五石


1747延享四年
      
1822〔文政五年〕
 日田隈町の豪商鍋屋。本名は
森常勝、長子は森春樹。
57歳の頃、春樹に家督を譲り
町年寄役を務めた。後年、
田能村竹田とともに社をはじめ、
地元の日田画壇の基礎を起こ
した。

 (屏風の中の1枚)

 左の写真は、百合の花でしょうか。
 花びらの赤が鮮明に描かれて
います。
 また、その他にも淡い紫や濃い
紫色の花も描かれています。
 その花の周囲を、2羽のすずめ
のような鳥が、飛び回っているよう
です。


(屏風の中の1枚)
 

 左の写真は、キジの様です。
すぐそこにいるかのような、鳥の
様子がいきいきと描かれています。
 真近で見れば見るほど、鳥の目
の表情が、まさに生き生きとして
いて、本物のキジに睨まれている
ように見えます。
 改めまして、画家の技術の高さ
を感じます。

(屏風の中の1枚)

 左の写真は、屏風の中の1枚
の絵で、鵜でしょうか、走り回って
いるようにも見えます。
 追いかけられているかのよう
にも見え、そんな様がリアルに
描かれています。


(屏風の中の1枚)

 左の写真は、屏風の中の1枚
の絵です。
 白や紫、黄色の花が描かれて
います。さて何の花でしょうか。
 また、花の下には猫が横たわ
っていて、花を見上げています。
猫が見上げたところの花の枝
には、なんとカマキリが止まって
私たちの方を見ています。
とてもリアルに描かれていると
ともに、こうした登場人物を絵に
した画家の趣の豊かさに改めて
感銘を受けます。


(屏風の中の1枚)

 左の写真は、屏風の中の1枚
の絵です。
 作者の表記に「晩年鶯」という
記入があります。絵の様子から
見ても、冬の季節感が感じられ
ます。
 特に、冬の厳寒が表現されて
いるように感じられます。
 画家の、表現力に感銘を受け
ます。

(屏風の中の1枚)

 左の写真は、屏風の中の1枚
の絵です。
 「枇杷の実」や「アヤメ種の開花」
そしてとても「きれいな鳥」などが
鮮やかに表現されています。
とてもきれいです。
 何度見ても、画家の趣の豊かさ、
そして表現力が鮮やかです。
とても感銘を受けます。
愛宕様(あたごさま)

 ご先祖(金右衛門)が、我が家の
北側の山頂にお祭した、愛宕様
です。
 江戸時代に建立されたものです。
 火の
神様として、毎年4月24日に
集落の皆様と一緒にこれまで
おまつりしてきました。
愛宕様(あたごさま)
            石碑


  天保12年11月吉日に建立され
たと記されています。

ふないご

 昔から我が家にある、石を刳り抜い
て造った溜池で、「ふないご」という
通称で呼んできました。
 江戸時代、天保10年(1839年)に
建造したと、手前の壁面に刻印されて
います。
 このため池には、女人禁制の霊山
烏宿山から流れ出るきれいな天然水
を頂いております。飲料水としてまた
生活用水として、昔から利用させてい
ただいています。
 我が家にとってまさに命の水です。
 昔から、この「ふないご」と「山から
の水」を大切に利用してきました。
我が家の蔵です。

(左の写真) 
 この度、改装にあたって
建築経過を調べたところ、
江戸時代中期、寛政3年
(1791年)に建築されたもの
であることが確認されました。
 こうして、ご先祖様に残して
頂いたものは、今後も大切に
したいとの思いから外壁を修復
しました。
(2009年5月)
神秘の霊山 「烏宿神社はだか参り」

 天領日田の干ばつの危機(大飢饉
の恐れ)を防いだと云われる、烏宿
神社。その中腹にある御池の水(幻
の水と呼ばれていた)で体を清めて、
標高550メートルの山頂にある神社を
めがけ駆け登ります。
 神社の境内では参拝者およそ30人
全員で記念写真です。参拝者の中に
は、福岡市や北九州市など遠方から
駆けつけた方もいらっしゃいました。
inserted by FC2 system